OSHO said

20世紀の覚者、OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)の講話

39.日本の大いなる責任

<OSHOの言葉>  (1989年1月16日のプレス・リリースより>  


日本は今や、世界の超大国だ。 

危機に満ちたこれからの数年間、アメリカの世界支配が造り上げて来た物質的な貪欲と暴力から人類を解き放つ、唯一の希望を、日本が担うだろう。 

代わって日本は、世界を平和と繁栄の、黄金の未来へと導くことが出来る! 

世界は日本に注目している。日本は、この大いなる責任を引き受けて立ち上がるべきだ。 

光明を得た禅師達という、日本の黄金の過去こそが、新しい夜明けへと世界を導く、洞察、責任、慈悲を、日本に与えるだろう。 

全世界の遺産相続を、生まれながらの権利として主張する「ニューマン(新しい人間)」を創造する上で、日本において、東洋と西洋が出会うことが出来る。 


日本に今必要なのは、創造性、自発性、反逆精神という、本来の面目を取り戻す、20世紀の禅革命だ。 

日本人のマインドは不幸なことに、もっとも規律を課せられたマインドのひとつに留まっている。 

そして、その規律の中で、全ての自発性と創造性が、死んでいる。 

日本では、自殺率が世界でもっとも高いのも偶然ではない。 

緊張があまりにも強いので、圧力と緊張のもとで生きるよりは、自殺する方がたやすいようだ。 

そして、この圧力と緊張は非常に尊ばれているので、それに反抗する者は、ひどい非難を受ける。 


だから、日本には反逆者が存在しない。 

反逆そのものが、日本ではまだ知られていない。 

日本に必要なのは、「ニューマン(新しい人間)」の誕生へと向けて人類を導くことが出来るよう、 その創造性と反逆と意識を、再び開花させることだ。 

私がロナルド・レーガン政権下のアメリカで不法に逮捕され、毒を盛られた時、最初の抗議は、日本の禅院から出された。 

これは私に、日本の生きている禅の本当のハートはまだ命脈を保っていて、再び鼓動し、人類の新しい夜明けの先駆者となることが出来る、ということを示してくれた。 


OSHO、Press Release, 1989,1,16  
(OSHOタイムズ日本語版、22号。1990年7月1日発行より抜粋)